【2014年夏甲子園】高校野球試合日程・対戦組合せ・注目選手情報!

読む目安時間1分30秒

2014年夏の高校野球の組合せ
抽選会が8/6に開催。

各日程と対戦組合せが決定しました。
各校の注目選手も合わせてお伝えし
ます!!

試合日程・注目選手

歌詞付き「栄冠は君に輝く」
全国高等学校野球選手権大会の歌

【第1日目 8月9日(土)】
■第1試合
龍谷大平安(京都)
※注目選手
徳本健太郎(外野・3年)
vs
春日部共栄(埼玉)
※注目選手
守谷(捕手・3番)

■第2試合
坂出商(香川)
※注目選手

vs
敦賀気比(福井)
※注目選手
山崎(投手1年)

■第3試合
日大鶴ヶ丘(西東京)
※注目選手
秋山・山岸(投手2年)

vs
富山商(富山)
※注目選手

sponsored link

【第2日目 8月10(日)】
■第1試合
日南学園(宮崎)
※注目選手
横川(投手)

vs
東邦(愛知)
※注目選手
大井・藤嶋・松山(投手)

■第2試合
静岡(静岡)
※注目選手
辻本(投手右)

vs
星稜(石川)
※注目選手
岩下(投手)

■第3試合
日本文理(新潟)
※注目選手
飯塚(投手)

vs
大分(大分)
※注目選手
佐野(投手)

■第4試合
大垣日大(岐阜)
※注目選手
高田(投手)

vs
藤代(茨城)
※注目選手
竹内(左投手)

sponsored link

【第3日目 8月11日(月)】
■第1試合
高崎健康福祉大高崎(群馬)
※注目選手
脇本(4番打者)

vs
岩国(山口)
※注目選手
柳川(右投手)

■第2試合
鹿屋中央(鹿児島)
※注目選手
七島(左投手)

vs
市和歌山(和歌山)
※注目選手

■第3試合
佐賀北(佐賀)
※注目選手
横尾・福井(投手)

vs
利府(宮城)
※注目選手

■第4試合
三重(三重)
※注目選手
今井(左投手)

vs
広陵(広島)
※注目選手
吉川(投手)


【第4日目 8月12日(火)】
■第1試合
東海大甲府(山梨)
※注目選手
高橋(左投手)

vs
佐久長聖(長野)
※注目選手

■第2試合
九州国際大付(福岡)
※注目選手
清水(捕手)

vs
東海大四(南北海道)
※注目選手
西嶋(右投手)

■第3試合
聖光学院(福島)
※注目選手
船迫(右投手)

vs
神戸国際大付(兵庫)
※注目選手
高橋(左投手)

■第4試合
小松(愛媛)
※注目選手

vs
山形中央(山形)
※注目選手
石川・佐藤(投手)


【第5日目 8月13日(水)】
■第1試合
明徳義塾(高知)
※注目選手
岸(投手)

vs
智弁学園(奈良)
※注目選手
岡本和真(内野3年)

■第2試合
開星(島根)
※注目選手
恩田(右投手)

vs
大阪桐蔭(大阪)
※注目選手
香月・正随

■第3試合(2回戦)
二松学舎大付(東東京)
※注目選手
秦(右打者)

vs
海星(長崎)
※注目選手
平湯(投手)


【第6日目 8月14日(木)】
■第1試合(2回戦)
鳴門(徳島)
※注目選手

vs
近江(滋賀)
※注目選手
小川(右投手)

■第2試合(2回戦)
城北(熊本)
※注目選手

vs
東海大望洋(千葉)
※注目選手

■第3試合(2回戦)
東海大相模(神奈川)
※注目選手
佐藤・吉田・小笠原・青島
(いずれも投手)

vs
盛岡大付(岩手)
※注目選手
松本(右投手)

■第4試合(2回戦)
角館(秋田)
※注目選手
相馬和輝(投手3年)

vs
八頭(鳥取)
※注目選手
鎌谷(左投手)

【第7日目 8月15日(金)】
■第1試合(2回戦)
沖縄商学(沖縄)
※注目選手
山城大智(投手3年)

vs
作新学院(栃木)
※注目選手
藤沼(左投手)

■第2試合(2回戦)
八戸学院光星(青森)
※注目選手
呉屋・中川(投手)

vs
武修館(北北海道)
※注目選手

■第3試合(2回戦)
関西(岡山)
※注目選手
逢澤(投手・野手兼任)

vs
第1日目勝者から抽選

※注目選手は筆者の個人的見解です。

2014夏の甲子園大会展望

各県の代表が一堂に集って行われる
夏の高校野球甲子園大会。栄冠は君の手にを耳にすると、
自然と胸が高揚してきます。この選手たちの中から、プロ野球
選手スター選手も生まれることで
しょう。アメリカ大リーグへと乗り込み
ヤンキースで大活躍中の田中将大投手
のような怪物も生まれるかも。

しかし、投手にとって甲子園で活躍する
ことはプロで活躍するためには不要な
要素とも言われていますよね。

むしろ危険なんだとか。

それこそチームで活躍できる投手の控え
が多数いればいいのですけど。

早くからスカウトの目にとまり、
ドラフト1位候補と言われている
済美高校の安楽選手。

済美高校は地区予選で敗退しまたしが
むしろ、体を痛めることを回避できた
とプロ側はホッとしているようです。

大体は、絶対的エース投手と2番手が
ローテーションを組みますよね。

地方予選に始まり、それこそ、甲子園
の決勝戦にまで行ってしまうとなると。

一試合を仮に100球投げるとして、
10試合で1000球投げることに。

しかも、真夏の炎天下で毎回全力
投球すればその反動がモロに体に
響くのは当然。

肩・肘・腰などの要所を徹底的
に痛めつけてしまい、プロで戦え
る体ではなくなってしまうそう。

そう考えると、本当に短い夏に
全力をかける青春のもろさの
ようなものを感じてしまいます。

そして、観客側として思うこと
もあります。

個人的に気になるのは、ここ数年の
ゲリラ豪雨などの天候不良です。

雨のみならずひょうなどに襲われて
選手だけでなく観客に怪我人が出な
ければと思います。

もし、甲子園球場に直接応援に行く
のであれば汗をかく前から十分な
水分と塩分の補給を心がけて下さい。

何事も予防が第一ですね。

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.