ダークナイトライジングあらすじ・ネタバレ・キャスト・声優

読む目安時間1分30秒

バットマンシリーズ3部作
「ダークナイトライジング」

かつて壮絶な戦いの末に街を
守り抜いたバットマン。

しかし、いまやバットマンは
悪の代名詞となっていました。

その衝撃的すぎる真相とは?

※ネタバレしています。ご注意
ください。

sponsored link

キャスト・スタッフ

監督クリストファー・ノーラン

配給ワーナー・ブラザーズ

【主人公】
ブルース・ウェイン
(バットマン)
→クリスチャン・ベール
声優・・・檀臣幸

 

⇒クリスチャンベールの嫁さんや過酷すぎる
役作りの真相などなど

 

【主人公の宿敵】
ベイン
・・・トム・ハーディ
声優・・・山路和弘

セリーナ・カイル
(キャットウーマン)
・・・アン・ハサウェイ
声優・・・園崎未恵

アルフレッド・ペニーワース
・・・マイケル・ケイン
声優・・・小川真司

ジェームズ・ゴードン
・・・ゲイリー・オールドマン
声優・・・納谷六朗

ルーシャス・フォックス
・・・モーガン・フリーマン
声優・・・池田勝

ジョン・ブレイク
・・・ジョゼフ・ゴードン
=レヴィット
声優・・・土田大

ミランダ・テイト
・・・マリオン・コティヤール
声優・・・五十嵐麗

ピーター・フォーリー副本部長
・・・マシュー・モディーン
声優・・・根本泰彦

レオニード・パヴェル博士
・・・アーロン・アバウトボール
声優・・・ふくまつ進紗

ジョン・ダゲット
・・・ベン・メンデルソーン
声優・・・清水明彦

フィリップ・ストライバー
・・・バーン・ゴーマン
声優・・・青山穣

アンソニー・ガルシア市長
・・・ネスター・カーボネル
声優・・・上田燿司

sponsored link

あらすじ※ネタバレ注意

偽りの平和ゴッサムシティ

アメリカ東部にあるとされる
「ゴッサムシティ」という街。

ここを主戦場として映画は展開
していきます。

ゴッサムシティは表面上平和と
秩序を保っていました。

かつて、主人公であるバットマン
が命懸けで守り抜いた街。

しかし、内実は貧困や支配者層や
富裕層の癒着と腐敗が根付いてい
ました。

前作、ダークナイトでバットマンは
自ら悪役となっていました。

その理由は、英雄ハービー・デント
を立てることで人心を結束させよう
としたのです。

しかし、それは飽くまでも仮の、
あるいは嘘の英雄であり平和なの
でした。

ゴッサムシティはデント法という
法律により、組織犯罪などの悪を撲滅
することに一応の成功はしていました。

しかし、根本的な解決には到底及ばない
状況にありました。

sponsored link

真実を知る者

かつてバットマンにより愛する家族
を守ってもらった恩があるジム・
ゴードン。

そして、こちらもかつてバットマン
に命を助けられたゴッサム市警に勤
める正義感と若さあふれる青年警察
官のジョン・ブレイク。

彼ら二人は、真実を知っていました。

本当は、ハービー・デントは英雄など
ではなく悪そのものであったこと。

そして、バットマンは敢えて汚名を
着ていることも。

ジョン・ブレイクに至っては、その
鋭い感性からバットマンが誰である
のかすらも感づいていました。

その誰かとは、ブルース・ウェイン
でした。

彼こそが、命の恩人であるバットマン
なのであると。

街から姿を消したバットマン。

かつてバットマンとして命をかけて
戦い抜いたブルース・ウェイン。

その戦いからすでに8年が過ぎ去り
誰もバットマンのことを忘れ去ろう
としていました。

あまりにも過酷で壮絶な戦いの果て
に心身ともに疲れきりすり減ったか
のように傷ついたブルース。

今なお癒えない傷を抱えていた彼は
バットマンとしての活動を引退して
いました。

いまではすっかり隠居のような生活
を送るブルース。

しかし、運命は決して彼を休ませよう
とはしませんでした。

ある日、大富豪であるブルースの
自宅でチャリティパーティーが開催
されました。

多数の来客。

その中に、一人怪しい行動をする女
が紛れ込んでいました。

彼女の名前はセリーナ・カイル。

アンハサウェイバットマン

ブルースの私物から指紋を採取する
セリーナ。

その目的は一体なんなのでしょうか?

実は、セリーナの背後には本作品
のラスボスである「ベイン」が
糸を引いていたのでした。

ダークナイトライジングあらすじ・ネタバレ・キャスト・声優ベイン

実は、ベインはブルースにとって
因縁浅からぬ人物でした。


危機

新たなる戦いが起こることを予感
したブルース。

過去の戦いの傷を抱えたまま、
再びバットマンとして活動する決意
を固め準備に取り掛かります。

しかし、敵は用意周到でした。

バットマンとして再起すると同時期
に、宿敵ベインは証券取引所を壊滅
させブルースの財産を奪い取ります。

ブルースを、そして、バットマンと
いう存在の何もかもを奪い去ろうと
しているかのようです。

かつて、自分の指紋を盗み出した
セリーナとコンタクトをとりベイン
の元へと案内するようブルースは依頼
します。

依頼を承諾するセリーナ。

しかし、またもやそこには罠が潜んで
いたのでした。

ベインにより脅されていたセリーナ。

バットマンをおびき出すことに成功し
直接対決に挑みます。

ピンチを迎えながらもバットマンが
勝利する展開かと思いきや。

格闘の技術において、ベインは圧倒的
な強さを誇っており、バットマンは
あっさりと敗れてしまいます。

囚われの身となったバットマンは、
「奈落」と呼ばれるどことも知れ
ない外国の地下に幽閉されてしま
います。

最大のライバルであるバットマン
に勝利したベインの次なる目的は
ゴッサムシティの徹底的な破壊
でした。

残酷にも、地下に閉じ込めた
バットマンにスクリーンを用意
していました。

破壊される街の実況中継を見せつけ
バットマンの精神をも蝕みつくそう
という魂胆です。


偽りの平和の崩壊

街を破壊し尽くすために、行政機関
や既存のシステムをことごとく麻痺
させるベイン。

ゴッサムシティの民主主義は崩壊し
独裁国家として塗り替えられてしま
います。

そして、それまで英雄だと街の住民
に信じられていたゴッサムシティの
英雄ハービー・デントの悪の真実を
暴露。

秩序はあっという間に混乱へと変貌
します。

さらに追い討ちをかけるように刑務所
の囚人を全て開放します。

それまで、貧困にあえいでいた者たち
の不満をたきつけ扇動を図るのでした。

最終的には、原子炉の破壊を工作し
たと宣言します。

かつてゴッサムシティで感じら
れた希望は絶望へと転落します。

しかし、ベインの徹底的な悪に対し
てなお抵抗を試みる者がいました。

それは、かつてバットマンに救済
されたゴードンとジョンでした。

最終決戦

再び直接対決に挑むバットマン。

その戦いぶりは壮絶を極めました。

幾度かピンチを迎えながらも
ベインの最大の弱点であるマスクを
破壊して勝利します。

これで戦いは終わるのかと思いきや
裏切りが潜んでいました。

味方であるはずのミランダに
よって重傷を負うバットマン。

逆襲に転じるベイン。

最後の窮地に陥ったバットマン。

あわやと思わせた瞬間、
キャットウーマンが登場し、
ベインをバズーカでしとめます。

長く壮絶なバトルは終結し、
バットマンは勝利を手にするのでした。

壊滅的な状況になったゴッサム
シティ。

しかし、いまや真実を知った市民
たちは再起するのでした。

かつてあった偽りの英雄デントの
神話は崩れ去ります。

そして、真の英雄バットマンの像
が掲げられているのでした。

エンドロール

 

 

⇒まだまだありますネタバレシリーズ

 


ダークナイトライジングまとめ

・ゴッサムシティは偽りの平和に
支えられていた

・8年前の戦いの時にあえて汚名を
きたバットマンは人々にとって
悪者となっていた。

・今回の宿敵ベインはバットマン
の兄弟子にあたる存在

・主人公はバットマンとしての
活動によって内面にも大きな傷を
抱えている

・直接対決により一度はベイン
に敗れてしまう

・内面の相克を乗り越えて、
真の正義の姿を示すために再度
立ち上がるバットマン

・最後の戦いに勝利し街の人々
にも真実が伝わる

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.