箱根駅伝2015ダークホース創価大学・区間エントリメンバー

読む目安時間1分00秒

第91回箱根駅伝の勝敗はいかに?

1/2・3 朝7:50~
日本テレビ生中継

圧倒的実力を誇る前年王者
東洋大学がぶっちぎるのか?

対抗馬筆頭
駒沢大学が王座奪還か?

大方の予想は両校での争奪戦との
展望が聞かれます。

しかし、合計217.1Kmの箱根路には
誰にも予想し得ない魔物が潜んでいる
ことを忘れてはいけません!

そこで、誰もが優勝予想からはずして
いるであろう大穴である初出場・
創価大学の戦力を分析しました!

2015年は果たして、どのようなドラマ
が生まれるのか?

ダークホース創価大学に優勝は
ありえるのか???

 

 

sponsored link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sponsored link

1/2往路区間エントリー

【1区21.3km】
大手町⇒鶴見

山口修平(3年)主将
鯖江高校出身

【2区23.1km】
鶴見⇒戸塚

後沢広大(3年)
飯田高校出身

【3区21.4km】
戸塚⇒平塚

蟹澤淳平(1年)
佐久長聖高校出身

【4区18.5km】
平塚⇒小田原

大山憲明(1年)
大牟田高校出身

【5区23.2km】
小田原⇒芦ノ湖

セルナルド祐慈(2年)
富士宮西高校出身

1/3復路区間エントリー

【6区20.8km】
芦ノ湖⇒小田原

小島一貴(4年)
中津商業高校出身

【7区21.3km】
小田原⇒平塚

江藤光輝(1年)
桂高校出身

【8区21.4km】
平塚⇒戸塚

新村健太(3年)
村上桜ヶ丘高校出身

【9区23.1km】
戸塚⇒鶴見

彦坂一成(2年)
豊川高校出身

【10区23.0km】
鶴見⇒大手町

沼口雅彦(4年)
日章学園高校出身

sponsored link

補欠

小嶋大輝(4年)
樋浦雄大(4年)
山本真紗也(3年)
大村弘明(2年)
柴田拓人(2年)
山中福至(2年)


本命校との実力差は?

優勝候補大本命とされている
東洋大学と駒沢大学との実力差
はどれくらいなのでしょうか?

予選会でのタイムから検証して
みたいと思います。

10/18に行われた予選会では、
1位が神奈川大学。

そして、10位が創価大学となって
います。

両校のタイムですが

・神奈川大10時間7分11秒

・創価大学10時間14分3秒

7分以上の差があることが分かり
ます。

しかも!!これは飽くまでも予選会
に出場しなくてはならなかった大学
同士での話なんです(゚д゚lll)

箱根駅伝では、前年上位10大学が
シード権を獲得しています。

つまり、東洋大学も駒沢大学も予選会
に出る必要がないんですよねえ。

箱根駅伝では、
シード出場10校
予選会上位10校
関東学生連合(各大学混合チーム)

合計21チームで競技するんです。

ここで考えられるのは、まず予選会に
出場した時点で、大きな披露の蓄積
が懸念されます。

本番まで2ヶ月以上期間が空いている
んだから調整が効くだろう。

最初はそのように思いましたが、
それは陸上競技の素人の浅はかな考え
なんだそうです・・・。

マラソンというのは、想像以上に体に
負担がかかる競技とのこと。

シード校は、その点も踏まえて本番に
合わせて十分な調整を1年かけて行って
きます。

対照的に、予選会出場校はわずか2ヶ月
で披露を回復させ、体調をピークに向上
させる必要させなくてはならないんです!

1年かけるのと2ヶ月しかないのでは
圧倒的な開きがありますよね。

そう考えると、大穴・創価大学が
優勝するどころか上位10位内に
入ることすら絶望的だということ
になるのかも・・・。


箱根路の魔物とは

そもそも予選会のコースは
箱根路ではありません。

陸上自衛隊立川駐屯地⇒
立川市街地⇒
国営昭和記念公園

で行われます。

箱根路に比べればコースの
アップダウンもまるで違います。

また、予選会は10月に行われますが、
本番は1月です。

急激な気温の変化による体調管理の
難しさなども予選会とは比較になり
ません。

どの大学のどの選手も、徹底した栄養
や体調管理を行いますが、人間の体の
変化は予想不可能です。

10人編成で行われるチーム競技のため
誰か一人が体調不良を起こせば、
チーム全体に即ひびきます。

あるいは、転倒やメンタル面での不安
など、ありとあらゆる面での影響が
考えられます。

様々な要因が重なり合って、
選手各個人の走りに影響します。

その様々な影響が10人の各選手で
考えると・・・。

どんでん返しは十分に起こりうる
話になってきます。

2014年の結果タイムをみてみると、

東洋大学(優勝)
タイム
・・・10:52:51

大東文化大学(10位)
タイム
・・・11:14:43

※東洋大学との差
・・・22分以上

国士舘大学(22位)
タイム
・・・11:38:35

※東洋大学との差
・・・46分以上

ただ、46分も差があるんだ!!
というだけではピンと来ない
ですよね(^_^;)

そこで、少し分かりやすくする
ために、、、

フルマラソンのトップ選手が
どれくらいのスピードで走って
いるかというと、

なんと、1kmを約3分で走ると
のことです!!

距離に換算すると、50mを
9秒のペースで走っています。

短距離走をダッシュしているのと
あまり変わりないような・・・。

そうなんです。

マラソン中継で見たことがないで
しょうか?

沿道で一緒に走ろうとするこどもが
いたりしますが、彼らは全力疾走し
ているんです。

そして、マラソン選手にあっさりと
おいていかれます。

その恐ろしいスピードでダッシュし
ている彼らが46分差をつけると、

距離にして約16kmの差を生んで
います!!

たしかに、超上位の大学は、推薦
で優秀な学生を集めていますが、
それだけでは勝てません。

当日までの万端の準備や、当日の
緻密な戦略や戦術の攻防があります。

そして、それらの計画をあざ笑う
かのように、「巨大な運」のような
ものが働くこともままあるのです。

ですから、大穴といわれる創価大学
に限らず、どの大学にも勝つ可能性
もあれば負ける可能性もあります。

絶対王者は存在しません!!

217.1Kmのドラマから目を離すわけ
にはいきませんね(^-^)

 

>>高校サッカー2015優勝候補は?<<

 

 

>>高校ラグビー全国大会優勝候補は?<<

 

 

1 2…   ≫次のページヘ

 

 

箱根駅伝・創価大学のまとめ

・箱根駅伝は合計217.1Km

・1/2/と1/3の朝7:50より
日本テレビで中継

・1チーム10区間全10人
で編成

・全21チームで戦う

・シード校は10校

・創価大学は予選会10位

・創価大学は事前予想では
上位に食い込める気配なし

・箱根路はアップダウンや
気温差など事前に対応しきれ
ない困難も多数

・無名校が事前予想をくつがえす
要素は十分にある


2件のコメント

  • 聡明

    東洋と国士舘のタイム差、計算がおかしくないですか?
    青学と創価の方がタイム差は少ないし。

    • dakota

      ご指摘ありがとうございます。
      東洋大学と国士舘大学のタイム差を修正しました。

      青学に関して確認しましたが、
      記事内で取り扱っておりませんでした。

      創価のタイム差は
      予選会記録における神奈川大学とのタイム差を記載しております。

      ご参考⇒ http://www.yomiuri.co.jp/sports/ekiden/2015/yosen/

      今後はより一層、細心の注意を払い、
      ブログ運営に当たらせていただきます。

      この度は、ご丁寧にご指摘いただきありがとうございました。

コメントを残す




Comments links could be nofollow free.